任意売却で人生を仕切り直し

任意売却をするためには

住宅ローンの返済で困った時、解決してくれる手段のひとつが任意売却です。任意売却とは、住宅ローンの借入先に対して、自分の意志で不動産を売却させてもらう事です。返済で困っているといっても、毎月きちんと支払いをしている場合、任意売却をすることはできません。住宅ローンの延滞や滞納など、借入先にとって法的手段でローンの回収をしなければいけない状態、いわゆる金融事故にならないと任意売却できません。すでに競売にかけられている状態も手遅れです。また、連帯保証人・連帯債務者などローンの残金について請求がいく人にも、事前に同意が必要です。不動産が共有名義の場合、司法書士による所有権移転登記時に共有名義人の同意がいるため、前もって売却の意思確認を共有名義人にしないといけません。

任意売却のメリットとは

任意売却のメリットは、競売よりも市場価格の相場に近い取引ができる可能性があることです。より高く売却できれば、その分返済に充てることができるため売却後の負担を軽減できます。また、債権者との話し合いにおいても、引っ越し費用や退去時期など都合をつけてくれたり、残債についても無理のない返済等に応じてもらえることがあります。競売とちがって通常通り売却されるため、事情を知られる心配がないこともメリットです。デメリットとしては、売却がうまくいかなかった場合、残債の支払いや生活の不安などがあります。売却手続きは、任意売却を専門にしている不動産(会社)に依頼すれば、売却までの流れの説明から、債権者との売却後も踏まえた話し合い、その後のアドバイスまでしてくれるため安心です。もし住宅ローンで困る事になったら、任意売却で悩みごとをすっきりさせて、新たな気持ちで人生再出発しましょう。