住宅ローンが払えなくなったら?

任意売却ってどんな制度?

住宅ローンを払えなくなり、家を手放すしかなくなってしまったら、任意売却という方法を検討してみましょう。
任意売却とは、ローンが残っている住宅を売却するための仕組みです。専門の不動産コンサルタントに債権者との間に入ってもらい、債権者の合意を得ることで、市場価格に近い金額で自宅を売却することができます。売却価格がローン残高を下回っていても売ることができるのが大きな特徴です。
任意売却は債務者の意思によって行う手続きで、裁判所は介入しません。引越し時期や明渡の条件についても多少融通が利くので、精神的にも余裕を持って住居を移すことができます。また、市場価格に近い金額で売却することができるので、債務残額を小さくすることができるというメリットもあります。

競売と何がちがうの?

ローン返済中の住宅には抵当権が設定されています。そのため、ローン返済が滞ると、お金を貸している金融機関は裁判所を通じて強制的に住宅を売り、その売却代金からローン債権を回収することができるのです。これを競売と言います。 競売は住宅に住んでいる債務者の意思とは関係なく行われます。何もしなくても手続きが進む、と言えば聞こえはいいですが、言い換えれば強制的に家を売られてしまうということです。落札されれば強制的に立ち退きを迫られ、従わなければ法的措置に出られることもあります。何より競売はかなり低額で落札されてしまうことが多いため、家を失った上多額のローンが残ってしまうケースも少なくないのです。 そのような事態を避けるためにも、一度任意整理を検討してみましょう。

離婚の住宅ローンで、破産に陥る人が増えています。共働き夫婦が増え、住宅ローンも収入合算や二本立てローンで組む家庭が増えているからです。離婚後、一人ではローン返済が難しくなるといったことが生じます。